詠春拳研究公開日誌

体験談や見聞録から推察していく詠春拳

何が詠春拳か?

思うにこれが詠春拳だ、と言われると

ああそれが詠春拳か、とならざるを得ない。

認知度が低すぎるのと、どれがどの詠春拳なのかなんてはっきり言ってもどうでもいい話ではあるし、

どれが詠春拳かを分別、選別する作業は自分の好きな詠春拳、自分が初めて出会った詠春拳等、自分の体験談が元に創作されていくからだ。

 

自分は詠春拳で得た力か、個人的な訓練の力や能力かが解るつもりではある。

素人目線では個人的な訓練と詠春拳で得た力とはイコールで結ばれそうな誤解はある。

詠春拳で得た力とはイコール個人的な能力であり訓練の成果であると。

それは違うと思う。

その考えは感覚ではなく才能であり、個人的過ぎるからだ。

先生はできるのに生徒はできないパターン、そこに武術や伝統性を感じはしない。

 

詠春拳の力とは詠春拳をやらずに、詠春拳を考えずに体得できるものではない。

かといって詠春拳の術理や合理性を無視、乖離させた運動をしていても、詠春拳の力にたどり着かない。

 

 

そもそも合理的な運動や、武器術と乖離しない拳法にフォーカスを当ててる詠春拳団体がどれほどあるのだろうか。

不思議と日本には拳法と木人以外の葉問の伝承は、はっきりと渡来できてない風に見える。