詠春拳研究公開日誌

体験談や見聞録から推察していく詠春拳

弟子達に捧ぐ言葉

自分は決してすごくない。

どちらかと言えば自分の詠春拳に共感して、共に練習を過ごしてくれるそちらの方がすごいのだ。

 

やればやっただけ、今までの力を忘れ

新しい力と育つ感覚に違和感を覚えつつ、詠春としての成長を垣間見ると思う。

 

それは徐々に徐々にだから、気付かないかもしれない。

だが少しずつの前進を日常のどこかで感じるはずである。

 

 

しかしながら教え方が体型化していないせいで苦労をかけているかもしれない。

詠春拳の技はどちらかというと戦術と力に負けやすい。

戦術と力さえあれば、あれこれの技が不必要になる。

今自分が見せている技の数々は力さえあれば、いとも容易く解決でき攻撃に転じれるだろう。

 

思う事悩む事色々あるかも知れないが、悩みの分思いの分、伸び代に転化される。

本当、頭どうなってるんですかね。