詠春拳研究公開日誌

体験談や見聞録から推察していく詠春拳

負けず嫌い

詠春拳程、精神状態や性格に左右される拳法は無いと思う。

 

負けず嫌いな人は詠春拳には合わない。

詠春拳の練習では、

今までしてきた運動の一切を捨て、

馬を作れ、力を抜け、技を切り替えろ、

色々言われる。

言われたことがカッとなって抜けやすいのだ。

 

詠春拳においてとことん難しいのは「現状維持」である。

馬の維持であったり、手技の維持。

体幹の維持もある。全てを一つに繋げる練習をしなければいけないのに

 

相手がいると、どうもうまくいかなくなるのが詠春拳である。

手技の維持ができなくなったり、目に見える相手の攻撃に対する恐怖や反射が習った形を一瞬にして忘れ去る。

三ヶ月練習しても、一回の練習でそうなる事もある。

 

上記の所謂ビビる事より、闘争心あふれる負けず嫌いが一番タチが悪い。

要はやられたらやり返す的な怒りスイッチが入りやすい人である。

そのスイッチが詠春拳をしようとしてくれれば構わないが

「やり返す」「倒す」その意識が脳内に充満しやすい。

結果詠春拳じゃない何かで倒していて、

習った動きではない何かで勝利していても、

本人は血の気のせいで覚えていないケース。

後日聞くと、あれは詠春拳だったと言うケース。

 

逆上してやり返すなんてほとんど寝言戯言の領域である。

かのブルースリーも血気盛んで負けず嫌い。

兄弟子達を困らせていたと言う内容の記事は今でもたまに見る。

 

負けず嫌いとしてもやり返す意識で自分のボディコントロールができてないのはいかがなものかと思う。

 

と、言うかボディコントロールの質をより高い次元にしたいからメンタルコントロールするというのが、まあ普通の解釈なのだが

 

誰かに負けたくないや、圧倒して褒められたいでは、他人の顔色を見ているだけに他ならない。

 

詠春拳には

自分の形が崩れなければ相手が崩れている

そう匂わせる兵法が存在している。

 

負けず嫌いの根性は大事だがやり返すでは、本末転倒。

 

しかしその流れは欧米人に数多く流れ、日本にも流入してきている。